携帯調査・携帯番号調査・携帯電話番号調査からの住所判明率99%

レディース東京

お見積もり相談無料・24時間対応
menu

TOP > 携帯番号調査

携帯番号調査

携帯番号調査が必要な理由

浮気の事実が確認できる証拠を探偵の実施する浮気調査により取得できたならば、ご自身が将来的に離婚という選択する上で事前に必要な準備は整っていると言えます。

加えて「浮気相手の身元」が判明していれば慰謝料請求先も確認済みということとなります。

しかし正直なところ、探偵が実施した浮気調査によりスムーズに「浮気の証拠」と「浮気相手の身元」が全て揃うケースは稀と言えます。

個人情報の扱いが厳格な現代社会において「浮気相手の個人情報」が現場の調査で取得できることは珍しく、浮気の証拠は取れるが浮気相手の身元情報を得られない探偵業者が数多く存在していることも紛れもない現実なのです。

こういった探偵業者に調査依頼してしまうと後々に後悔する場面も起こり得ます。浮気の証拠は手元に存在していても「肝心な浮気相手が何処の何者かわからない」という状況に陥ってしまうのです。

また、居住先は判明しているがそれ以上の情報がどうしても得られない、等もよくあるケースです。

このような場合に「怪しい携帯電話番号」を調査することで浮気相手を特定することが一つの手段となっています。

「浮気相手の素性」を浮気の証拠を取得する以前に知るご依頼者は少なく、必ず後に必要な情報となるものです。浮気調査を実施する前に事前情報として「浮気相手らしき携帯電話番号」は要チェックと言えるのです。

その他にも携帯電話番号調査が悩みやトラブルを解消するケースがあります。

金銭トラブルの相手が居住先を転々としているケース等では問題解決に大きく貢献することがあります。大切な仕事を依頼して仕事に必要な費用は事前に数百万支払ったにもかかわらず仕事が実施されることがなく「連絡は取れるが転居してしまっていて」肝心な引っ越し先を教えてくれない。

このような状況で悪意が見え隠れするケースでは「密かに転居先を調べる手段」として携帯電話番号調査が有効な手段と言えるでしょう。大きな損失を出す前に打てる手段として必要な調査と考えられるのです。

また、何年も遠方で暮らす親戚等の携帯電話番号は知っているが、最近転居してしまい「新しい転居先を知りたいが肝心な携帯電話が不通で心配な状況にある」などの理由から携帯電話番号調査を希望されるご年配の方などがいらっしゃいます。

ご親戚の健康状態を心配する理由から携帯電話番号調査を必要とし、早急な判明を希望される方が多く存在します。

携帯番号調査が必要な理由は実に様々存在しています。高齢化が進む現代社会では上記の理由等は身近な問題として起こる可能性が高い案件と言えるでしょう。

このような事態では遠くの親戚よりも近くの他人が健康状態や安否を認識しているケースが殆どであり、心配なご親戚の心情が解消されることは少ないと言えるのです。

自身が抱える問題で携帯番号調査は必要か判断する

経済的な事情により「浮気調査を実施したいが出来ない」と判断される方は少なくありません。数十万から数百万もの浮気調査に必要とされる費用を捻出できない方は多くいらっしゃいます。

パートナーの浮気は確実なのに浮気調査が実施できないもどかしい状況と言え、せめて浮気相手が何処の誰なのか知りたいと考え「パートナーのスマホやPCをこっそり拝見」する方は後を絶ちません。

毎週決まった曜日に帰宅時間が遅く、後日にパートナーのスマホやPCを確認すると異性と時間を共にしている痕跡がある等パートナーの浮気が事実であり、相手との関係が伺えるメールやSNSのやりとりが存在する。

パートナーの浮気により家庭崩壊が危惧される状況下において、上記のように浮気の事実が極めて濃厚なケースでは、携帯番号調査を実施することにメリットがあります。

探偵はご相談者と相談時に調査を実施するメリットについてご説明し、将来的な展望も踏まえた上で携帯番号調査後の展開も可能な限り経験値からアドバイスさせていただきます。

最悪のケースとしてやってくる「ある日突然にパートナーから離婚を切り出されて泣き寝入り」とならないように準備が必要な状態と言えるでしょう。

ご主人や奥様の携帯電話の明細に見知らぬ番号と通話した履歴が頻繁に確認できる状況にあり、怪しげな携帯電話番号が何処の誰なのか確認したいならば携帯番号調査は必要な調査となります。

浮気相手の素性が携帯電話番号から明らかになり、後に浮気の証拠となる画像がスマホやPCから確認されることも十分に考えられるのです。

健全な携帯電話番号調査を実施するために

携帯電話番号調査のご相談を承る際に、必ず確認が必要な事柄が幾つか存在します。

まずご相談者が「何を求めて携帯番号調査を必要としているのか?」が第一に確認が必要です。これは現行の法規に伴った確認事項であり、違法性の有無の存在を確認する意味でも「携帯電話番号調査の目的」を確認する必要性があるのです。

世間で実施されている携帯番号調査はトラブルや問題を抱えた人物の権利や主張に必要な調査として実施されます。

しかし、極少数ではありますが「依頼人の気が済むか済まないかの問題や個人の感情的な視点」にこだわった携帯番号調査は「目的に違法性が伺える携帯電話番号調査」となる傾向が強く、調査で得られる結果により、犯罪行為に進展する可能性がある場合はお断りさせていただいております。

また「目的の存在しない調査行為」は基本的に調査委任契約が交わせない現状にあると考えられ調査がお受け出来ない状況にあるのです。

世間で報じられた事件に交際相手や元婚姻関係にあった人物がストーカー行為をする情報源となってしまうケースも存在していることから取り扱いが非常に慎重な状況と言えるのです。

全ては調査業務の健全化のために必要と考えられる確認事項となっているので、ご相談の際には明確な調査目的や理由を明言して頂いております。