探偵・興信所 ~結婚調査はおまかせ~ 東京都公安委員会 探偵業届出済(第30070158号)

レディース東京

お見積もり相談無料・24時間対応
menu

TOP > 結婚調査

結婚調査

誤解の多い結婚調査

現代社会において探偵や興信所が実施する「結婚調査」を誤解されている人物は少なくありません。

差別に繋がる調査として認知される「出身地域がどのような地域であるか」や結婚する当人同士の意思とは関係ない「言い合わせ」等の行為は、現代社会で探偵や興信所が実施する結婚調査とは別物と言えるのです。

まず念頭においていただきたいのですが、現在の結婚調査の定義とは「ご依頼者様が知り得る婚約者や交際相手の情報に間違いがないか確認のために実施される調査」となります。当然のことですが出身地に特化した調査や家柄を重視した項目は「現代の結婚調査の項目として存在しない」と言えるのです。自ずと差別に繋がる調査項目は存在しませんので「違法な調査」を実施することもございません。

この部分は多くの方が誤解する部分であり「結婚調査イコール悪い調査」と誤った認識をお持ちになる方が多いのです。仮にご自身の結婚相手やお子さんの結婚相手の話を信じられない等の理由から「相手の話に間違いがないか確認する結婚調査を実施」する行為は「結婚後のトラブルを未然に防ぐ」意味においても大切な役割を果たす調査と言えるでしょう。もし、話を鵜呑みにしてしまい「結婚調査を実施しない選択」をして結婚後に多数の偽りがあったことを認識する。このような事態になってしまっては、お互いの家族間で憤りの感情が発生してしまうことは必至であり、大きなトラブルの原因となることでしょう。

このように現代で実施されている結婚調査は「情報を確認する調査」であり差別に繋がる調査ではないことが明らかなのです。そして、結婚調査を事前に実施しないことから結婚後に発生するリスクを考慮するならば「事前に確認する結婚調査」は有意義な調査として多くの方が認識されているのです。

結婚調査で調べられること

それでは実際に実施されている結婚調査でどのようなことが確認可能であるかご説明します。

まず、ご依頼者様が「調査対象人物について疑念をお持ちな部分」についての情報を探偵に情報提供して頂きます。そして、基本的に知ってらっしゃる情報を基に探偵が確認調査を実施して「事実であるか」を裏付けしていきます。

特に皆さんが確認に熱心な項目としては「過去の評判」や「過去の行動やエピソード」などになります。なかでも「根気強い人物であるか?」判断材料となる趣味や部活動等を継続できていたか?なども確認事項としてニーズがある項目と言えます。

そして、「若い頃に少しやんちゃな素行があった」等の事実がご依頼者情報にあったならば「過去にどのような素行」があったかなども確認事項として裏付け確認調査を実施することが可能となっているのです。

このように「調査対象に関しての情報として疑念がある」項目に関しては入念に事実確認し、裏付けが得られるまで調査を実施するのです。多くの基本的な情報から上記のような疑念がある特定情報に至るまで「探偵が実施する結婚調査」は「ご依頼者がお持ちの情報に間違いが存在しないか?」事実確認しご報告する調査となっているのです。

結婚調査の結果から

当人同士の問題である結婚に関して周囲が意見することは悪いことではありません。

結婚に踏み切る判断をさせた「相手の情報に間違いや偽り勘違い」が存在したならば「判断が変化」することも十分に考えられることでしょう。しかし、当人同士の判断が変化する「判断材料が周囲から提供」されることに関しては周囲の方の配慮が必要な部分と言えます。

結婚を希望する当人の決心が固いケースでは特に反発する感情が強く表れ「家族との確執」となる心配もあります。結婚調査の結果に偽りととれる情報が存在し、「身内の幸せを第一に考え心配する心情から助言する」ことが重要となるのです。決して頭ごなしに結婚を否定するのではなく「不安要素が大きい」と順序立てた助言が有効となるのです。

疑念が現実のものに

結婚調査を実施した結果が「悪い結果であり、心配していた疑念」が現実となってしまい、他にも事実ではない情報が複数確認できる。このような情報が得られたならば「結婚相手として相応しい」か判断し直す必要が出てきます。

結婚を焦り「小さな嘘が綻ぶ」状況等はどのような婚姻にも見え隠れします。結婚が破談になるほどの偽りが存在するケースでは「根本的に結婚が成立しない」理由がそもそも存在していて事実を隠すために嘘に嘘を重ねる状況とも判断出来るものなのです。自身を過剰に評価させるために偽りが必要な状況は「婚姻相手」として根本的に候補ではないと言えます。偽った言葉で飾った結婚相手を受け入れる人物など存在しないのです。