探偵・興信所 ~結婚調査はおまかせ~ 東京都公安委員会 探偵業届出済(第30070158号)

レディース東京

お見積もり相談無料・24時間対応
menu

TOP > 家出調査

家出調査

子供の家出

近年、家出した少年少女が犯罪被害に巻き込まれるケースが非常に多くなっています。

まだ中学生、高校生程度の年齢でも夜遊び程度は当たり前で、それを一部の若い親たちは容認しているような風潮もあります。

ネットやスマホ、アプリによるSNSや出会い系サイトの普及によって知り合う友人、知人も今までの学校関係者、塾関係者など親も把握し易かった環境から離れ、親の知らない人との交友も盛んになり、更にその交友関係も全国展開してきているのが現状です。

ですから東京の女子中学生が突然家出、家出調査の結果、北海道に1人で行き、以前よりネットで知り合っていた男性の家で暮らしていた、ということもあり、この様に似たケースも増加してきているのです。

特に若い女の子は性犯罪を始めとした被害に合いやすく、家出したものの騙され、売春や薬物犯罪などに染まってしまうというケースも少ないのです。また、少年・少女が「家出」をした結果、さまざまな事件に巻き込まれて犯罪被害に合い、行方不明になったり、最悪の場合、命を落とす結果となることもあります。

警察に行方不明者届(いわゆる捜索願)を出す、という方法がありますが、「捜索願」というイメージとは違い、警察が自ら家出した人間の捜索を行ってくれるケースはほぼ皆無なのです。行方不明の場合でも事件性が認められるケースに限られてしまいます。

ですから小学生高学年位よりはっきり家出と判る状況(書き置きなどがあり、自ら家を出たと想定される場合)では警察の捜索は簡単なものです、事件性が認められなければいくら心配しても探してはもらえず、運良く警察官などの職務質問にあうか事故に遭遇しない限り現実問題としてチェックできないということなのです。絶対的に事件が起こってしまってからでは遅いのです。

夫・妻の家出

「家出」という言葉からは想像しにくいですが、夫や妻も家出することはあります。

子供の家出とは違い、夫・妻が家を出る理由は「夫婦の不仲」、さらに言えば「浮気」が理由であることが非常に多いです。

一般的には「別居」と言われることが多いかもしれません。
また、それによって別居状態に至ってしまった場合、そのまま離婚を要求されるケースは多いといえるでしょう。

浮気をしている事実があるのか、浮気相手が誰であるのかを知るためには、家出(別居状態)した夫・妻を探し出し、居場所を特定する必要があります。浮気している夫・妻が家出した場合、浮気相手とすでに同棲に至っているケースも少なくありません。

ある日突然「もぬけの殻」状態でいなくなっている、なんてことも決して珍しくはなく、子供のプチ家出などとは違って計画性があり、次に住む場所を決めているのが浮気による家出なのです。いわゆる駆け落ちによる逃避行みたいなケースはほぼないと考えられます。ここでは「家出」という言葉を使用していますが、家出の形跡がなく「帰ってきていない」という状況は危険です。

金銭トラブルや職場でのトラブルなど精神的に追い込まれたことを原因とする失踪や事件・事故に巻き込まれている可能性もありますので、まずは警察に行方不明者届を出して相談をしたほうがよろしいでしょう。

家出調査・家出人調査

探偵の家出・家出人調査は、御依頼者様から依頼を受けて家出人を探し出す調査です。対象は主に家族となりますが、恋人や知人等の行方が知れなくなった場合も承っております。当社の家出調査・家出人調査は、考えられる様々な情報収集手段を駆使して調査を行います。

※DV被害者の家出の場合やストーカー被害者の行方不明調査をお受けすることはできません